Shi-gyo

弁護士に相談する

交通事故によって発生した物的損害と精神的損害は分けて考えなくてはいけません。 物的損害と言うのは、簡単に述べると交通事故によって壊れた自動車の被害のことを言います。

むちうちの相談

交通事故などで起こる症状にむちうちがありますが、これは外傷がないため他者には辛さがわからず保険関係でもしぶい対応を受けてしまうことがあります。問題を感じれば弁護士などへ相談してください。

離婚の相談

現在、結婚した夫婦の3組の1組は離婚していると云われています。 日本で一番多い離婚率の都道府県は、沖縄県です。 その原因は、県民所得が一番低いことなどの経済的な理由であるとされています。

過払い金の相談

過去に利用したクレジットカードや消費者金融の取引の中で、利息が払い過ぎている取引がある場合は、手続きを行う事で過払い金を取り戻せます。そのためには注意すべきポイントがあるので、事前に確認し知る事で更にお得に手続きできるよう、チェックする事が大切です。 過払い金請求を行う場合、最後の取引である完済から10年以上経過すると請求できなくなるため、注意が必要です。また日本経済低迷の影響を受け、倒産している賃金業者も存在しますが、取引相手である賃金業者が倒産してしまうと過払い金請求が行えなくなるので、早急に手続きする必要があります。その他にも裁判で行う訴訟や調停は平日のみである事、個人で行うよりも専門家に依頼した方が確実である事が挙げられます。

過払い金請求は弁護士や司法書士を通じて取引を行うため、利用金額が高いというイメージがありますが、実際は依頼が完了してからの受け取りとなるため、安心して利用する事ができます。事前に費用を準備する必要が無く、支払う費用は取り戻した過払い金からの支払いとなるため、気軽に利用できるのが魅力です。 取り戻せる過払い金は消費者金融だけでなく、家電量販店やデパートで作成したカード等、クレジットカードを利用した取引も対象となるため、過去に利用した事がある場合は相談する事で還付金として返済される可能性もあります。また過去の取引で利用した明細書や契約書が無くても、借り入れした業者の名前や時期さえ分かれば調べる事ができます。

プロに相談する

法律は、国民が幸せで安全に生活を送ることができるようにするためには必要不可欠なツールの一つです。また、何らかのトラブルが起きた場合は弁護士など専門のプロに相談することが大切です。

-->